香水の作り方 手作り香水のアロマオイル・レシピ

香水イメージ手作り香水の魅力は『天然アロマ オイルのナチュラルでやさしい香り』 あなたが好きな香 りの『香水』を作ることができることです。 ハーブなど植物本来の香りと市販の香水との香りの違いがきっとわかると思います。 手作り香水でさりげないお 洒落をしてみませんか?

天然アロマオイルで作る『手作り香水』は人工香料に比べると香りの持続時間は少し短くなりますので、外出時に気になる方は携 帯してご使用ください。

香水の作り方

アロマ香水の基本的なレシピは3つのグループ(下段参照)から1つずつ選んで3種類のア ロマオイルを使います・・・香りも柑橘系、フローラル、ハーブ調、ミント系などお好きな香りから選べます。

手作り香水の材料

  • アロマオイル(エッセンシャルオイル) お好みの3種類 (下段参照)
  • 無水エタノール・・・薬局にあります。 代用品(蒸留酒):ウオッカ・焼酎(甲類)・ジン・ウィスキー〜アルコール度数40〜45℃で香りが きつくないもの
  • 精製水・・・代用品 フローラルウォーター・ミネラルウォーター
  • 口の広いガラス空きビン(フタ付き)

手作り香水レシピ

香水での使い方ブレンド16〜17ml を作る場合(標準的なアロマオイル瓶、1本半程度です)
〜手作り香水の量は「お好み」で同じ割合で配合してください。

  • ガラス空きビンに無水エタノール5mlを入れる
  • エッセンシャルオイル3種類を入れる。 総量:1〜2ml (20滴〜40滴位)
  • 精製水10mlを加える。
  • フタをして振り良く交ぜる。
  • すぐには使わず、1日一回、軽くビンを振り7〜10日程寝かせてから使用してください。
  • 出来たらスプレー容器(アトマイザー)か小ビンに移し変えてご使用ください。 プラスチック容器等は変形・変色の可能性がありますので、ガラ ス容器を利用してください。
  • 1ヶ月ほど経つとアルコールの臭いも薄れてアロマオイルの香りがなじんできます。 使用期限はおおよそ3ヶ月間以内で使い切ってください。
  • アロマオイルの目安は、手作り香水は20滴〜40滴程度。 オーデコロンは10滴〜20滴程度です。
  • アロマオイルの濃度は、香りの強い順から
    香水→オードパヒューム→オードトワレ→オーデコロン

手作り香水のブレンドの捜し方

ティッシュ(2重)3枚を4つ折りにして、そこに3種類のエッセンシャルオイルを数滴ずつお好みの割合で垂らし、鼻の前 でティッシュを揺らして香りをチェックしてください・・・新しい香水の発見があるかも知れません♪

香水のパッチテスト

「ご自分のお肌に合うか、少量で試してみましょう♪」

キャリアオイルで薄めたオイルを1滴、腕の内側に付けて1時間ほど様子を見てください。 赤くなったり、かゆくなったら、そ のエッセンシャルオイルは相性が悪いと思ってあきらめましょうネ。

手作り香水のおすすめレシピ (ノート別アロマオイル)

アロマオイルは香りだけでなく、効能・成分も考慮すると「より効果的」な手作り香水が作れます。

アロマオイルを1種類ずつ選んでください

下記分類は万国共通ではなく多少異なる国もありますのでご了承ください。 香水レシピの作り方の基本は3つのグループから1 つずつ選んで3種類で組み合わせます・・・香りのバランスはテストしながらお好みの配合を見つけてください。

トップノート(香りが強め)

比較的、フレッシュ系の香りが多めですが、イランイランやローズウッドは異性を惹きつける効果もあります。


ミドルノート(軽めの香り)

フローラルなローズからハーブや樹木系など様々です。 ローズ・ジャスミン・クラリセージは異性を惹きつける効果がありま す。


ベースノート(手作り香水のベース・土台となります)

全体の香りを融合し安定化させる役目があるアロマオイルです。 シットリとした深みのある香りが多く、サンダルウッドは異性 を惹きつける効果があります。


line
上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。エッセンシャルオイルは医薬品ではありません。
万が一、心身の状態がすぐれないときは使用を止めて、すみやかに医師の診断を受けるようにしてください。