アロマオイル(エッセンシャルオイル) オレンジ

アロマオイル オレンジスイートオレンジオイル(アロマオイル)はスイートでフルーティーな香りです。 このアロマオイルはオレンジ本 来の香りに一番近く作用もおだやかです。

ご家庭でも身近なオレンジの香りは、どなたにも好まれますので居間の芳香におすすめです。 オーデコロンなどにもよく利用さ れています。

オレンジは抽出部位によって3種類のアロマオイルに分かれます。 果皮からの抽出は「オレンジ」、花からの抽出は「ネロ リ」、葉か ら の抽出は「プチグレン」です。 オレンジオイルは、ほかのアロマオイルとの相性も良いのでブレンドにもおすすめです。

容量このページで購入できるアロマオイルの容量 【 10ml / 3ml 】

アロマオイル・オレンジの効果

憂鬱(ゆううつ)な気分を明るく、気分転換する効果があり「前向き」な気持ちになります。 また、 リラックス効果が安眠を誘い、マイルドな柑橘系の香りはストレスをやわらげ元気にしてくれます。
胃や腸の働きをスムーズにして食欲不振や便秘などに効果があると言われています。おすすめアロマ

アロマオイル・オレンジの利用法と注意事項

お部屋の芳香・マッサージオイル・香水

【アロマオイル利用例】 詳しいアロマオイルの使い方は、左ボタン下「アロマお役立ち情報」参照


(注)アロマオイルは成分が強く、直接お肌にはご利用できません。 スキンケアでのご利用はキャリアオイルで薄めるなど専用 の作り方があります。

アロマオイル・オレンジとブレンド相性のよい精油

ラベンダー、レモン、ベルガモット、サンダルウッド、クラリセージ、ミルラ、ナツメグ、クローブバッド、ローズ、ジャスミ ン、シナモン

アロマオイル オレンジ・スイート・オーガニック 10ml

オレンジスイートはヨーロッパ認定機関の認証を受けたオーガニック・アロマオイルです。 オーガニックの意識が高い ヨーロッパでは認定機関の認定によりオーガニック表示が許されています。

オレンジアロマオイル詳細

  • 科名:ミカン科
  • 学名:Citrus sinensis
  • 原産国:メキシコ
  • 抽出方法:圧搾法
  • 抽出部位:果皮
  • ノート:トップノート

アロマオイル ブランド ロゴマーク1
メーカー:(株)ミュウセレクション|ブランド名:ミュウプロフェッショナルズ・・・京都に拠点を置き、主にフランスやオーストラリアの高品質精油を輸 入、国内でボトリング製品化しています。

ドロッパー(点滴)付き 1滴0.04〜0.05ml 1ビン:200滴以上
容量:10ml (高さ70mm×径29mm)
公益社団法人 日本アロマ環境協会表示基準適合認定精油

SSL機能装備
配送料
アロマオイル

香りのイメージ 香りマーク2

オレンジ・スイート・オーガニック
エッセンシャルオイル10ml

価格1,296円(税込)

数量変更:カゴ内で出来ます(0〜50)
【注】お買い物合計5,000円未満は日時指定はできません。

BACK

アロマオイル オレンジ・スイート 3ml

アロマ専門メーカー(株)美健のロングセラー!ミニボトルだから初心者でも余さず使い切れます。
お試し用にも、おすすめのミニ・アロマオイルです。 (公益社団法人「日本アロマ環境協会AEAJ」の表示基準認定精油)

オレンジアロマオイル詳細

  • 科名:ミカン科
  • 原産国:アメリカ
  • 抽出方法:圧搾法
  • 抽出部位:果皮
  • ノート:トップノート

アロマオイル ブランド ロゴマーク2
メーカー:(株)美健(日本) ブランド名:ビケンプリヴェイル・・・東京に拠点を置き、国際規格(ISO9001)認証 取得企業です。 品質マネジメント・システムの活用により一定水準を順守した商品サービスを提供しています。

ドロッパー(点滴)付き 1滴:約0.05ml 1ビン=60滴〜1回あたり5滴使用の場合、約12回分。 容量:3ml(高さ 48mm×径20mm)
公益社団法人 日本アロマ環境協会表示基準適合認定精油

酸素による品質劣化防止のため窒素(チッソ)を充填しています。

SSL機能装備
配送料
アロマオイル・ミニボトル

使用説明書付、化粧箱サイズ:巾30×高さ65×奥行25mm
箱・ラベルのカラーリング色:写真を含め4種類

香りのイメージ 香りマーク2

オレンジ・スイート エッセンシャルオイル3ml

価格648円(税込)

数量変更:カゴ内で出来ます(0〜50)
【注】お買い物合計5,000円未満は日時指定はできません。

BACK

そのほか「おすすめ」関連商品


line

上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。エッセンシャルオイルは医薬品ではありません。
万が一、心身の状態がすぐれないときは使用を止めて、すみやかに医師の診断を受けるようにしてください。

アロマオイルショップのお買い物ガイド