ラバンサラ ワイルド[ravensara]の効能

ラバンサラのプロフィール(香り)

ラバンサララバンサラはクスノキ科の植物で地元住民のあいだでは万能薬として 利用されていました。

ラバンサラの香りはクローブに似た爽やかフローラルでスパイシーな香りです。 「ラバンサラ」とはマダガスカル語で「体にい い葉」の意味です。

精神(メンタル)の効能

誘眠作用があり、やすらかな眠りを誘います。 不眠ぎみの方におすすめです。

お肌(スキンケア)の効能

特にありません。

体(ボディ)の効能

抗菌、抗ウィルス作用がある事が知られていて感染症などに効果があり、体を元気にします。

主要な成分(データ)

Sabinene(サビネン)を多く含有しています。 毒性および副作用成分はありませんので、初心者でも安心してご利用で きます。

  • 学名:Ravensara aromatica
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:葉・小枝
  • ノート:トップノート
  • 原産地:マダガスカル
  • 種類:クスノキ科
  • 作用項目:鎮静、抗ウィルス、消炎、抗菌

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ラベンダー、ユーカリプタス、ローズマリー、クローブバッド

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド