ペッパー(ブラックペッパー)[pepper]の効能

ペッパーのプロフィール(香り)

ブラックペッパーペッパーは食卓でもお馴染みのスパイスです。 ブラックペッ パーはインド原産の灌木で古くから有名なスパイスです。

ペッパーブラックの香りは刺激的でスパイシーな強めの香りです。 ほかの種類ではスイートでフルーティなコショウの 香りの「ペッパーグリーン」やフレッシュでピリッとした黒コショウの香りの「ペッパーホワイト」などがあります。

精神(メンタル)の効能

刺激的な香りはストレスをやわらげ、エネルギッシュな気分になります。

お肌(スキンケア)の効能

特にありません。

体(ボディ)の効能

鎮痛作用があり、関節痛の緩和などに伝統的に使用されています。 長時間の立ち仕事や筋肉疲労をやわらげます。

住まい(ハウスキーピング)の効能

お部屋の空気清浄にもおすすめです。

主要な成分(データ)

ブラック種はCaryophyllene(カリオフィレン)を多く含有しています。

  • 学名:Piper nigrum(ペッパーブラック&ホワイト)、Piper nigrum L(ペッパー・グリーン)
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:小果実(ドライ)、ペッパーホワイトは小果実(黒コショウの完熟の実)、グリーンは緑の小果実
  • ノート:ミドルノート〜トップノート
  • 原産地:スリランカ、インド、マレーシア
  • 種類:コショウ科
  • 作用項目:刺激、催淫、鎮痛、強壮、消毒、解毒

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ベルガモット、クラリセージ、フェンネル、コリアンダー、ゼラニウム、フランキンセンス、グレープフルーツ、ラベンダー、 ジュニパー、レモン、マンダリン

注意事項

刺激が強いので薄めてください。乳幼児は避けてください。 ペッパー・グリーンは妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド