ゼラニウム[geranium]の効能

ゼラニウムのプロフィール(香り)

ゼラニウムゼラニウムはご家庭のお庭でもお馴染みのお花ですが200種類以上も あり、主にピンクがかった花を咲かせます。

ゼラニウムの香りは種類により違いますが薔薇のようなフローラルな香りです。 ローズ・ゼラニウムはバラに一番近い香りで知られています。

ゼラニウムの種類は、ほかに「 ゼラニウム・ブルボン」や「ゼラニウム・エジプト」、「アップル・ゼラニウム」、「ゼラニウム・チャイナ」などがあります。

精神(メンタル)の効能

リラックス効果があり、ストレスを緩和し精神バランスを整えます。 情緒不安定なときにおすすめです。

お肌(スキンケア)の効能

お肌の収れん作用や柔軟化作用があり、乾燥肌などのケアに優れている事で知られています。 マッサージなどにも利用され、お 肌に元気を与えます。 ほか香水やスキンクリーム、ローションなど広く利用されています。

体(ボディ)の効能

ホルモン系のバランスを整える作用があり、女性特有の体の不調や更年期障害などに効果があります。 石鹸の香料にも利用され ています。

住まい(ハウスキーピング)の効能

防虫効果があり虫除けにも利用できます。

主要な成分(データ)

Citronellol(シトロネロール)を多く含有しています。 このシトロネロールほかゲラニオール、リナロールなど ローズと同じ成分を含有しています。

  • 学名:Pelargoneum graveolens
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:葉
  • ノート:トップノート
  • 原産地:マダガスカル、中国、エジプト、フランス、モロッコ
  • 種類:多年生の低木、フクロウソウ科
  • 作用項目:抗うつ、お肌の収れん、デオドラント、お肌柔軟化、消毒、殺虫

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

グレープフルーツ、ジャスミン、ラベンダー、ジュニパー、フェンネル、クラリセージ、シトロネラ、ベルガモット、バジル

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド