ガランガル[galangal]の効能

ガランガルのプロフィール(香り)

ガランガルガランガルは東南アジアではショウガと同様に利用され、ピンクの茎に 白い外皮の植物です。

ガランガルの香りはジンジャーのような唐辛子系も合わせ持つ香りです。 インドネシアなどではお料理(植物本体)に利用され ています。

精神(メンタル)の効能

疲労感をやわらげます。 中世ヨーロッパ時代には媚薬として知られ、性的興奮効果があります。

お肌(スキンケア)の効能

マッサージオイルに利用されています。

体(ボディ)の効能

消化器系の緩和で知られています。 乗り物酔いや疲労回復、筋肉痛の緩和に効果があります。

主要な成分(データ)

Cineole(シネオール)を多く含有しています。 ほかPinene(ピネン)、Camphene(カフェイン)、 Cadineneなど

  • 学名:Kaempferia Galanga
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:根
  • ノート:ミドルノート
  • 原産地:中国、インドネシア
  • 種類:ショウガ科系
  • 作用項目:覚醒、鎮痛、抗炎、防腐、強壮、興奮

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ラベンダー、ローズマリー、パイン、カモミール、シナモン、ブラックペッパー、カルダモン、ゼラニウム、フランキンセンス

注意事項

小さいお子様や妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド