シスト ローズ [Ciste rose, Cistus]の効能

シストローズのプロフィール(香り)

シスタスシストローズは別名「シスタス」「ラブダナム」「ロックローズ」とも呼ば れ、高さ3m程度まで成長する常緑低木で白くてかわいい花を付けます。

少しスイートでウッディ調の香りです。
シストローズは香水や石けん、入浴剤、化粧品などにも利用されています。

精神(メンタル)の効能

自律神経を整える効果がありますので、緊張を解きほぐし不安定な心を落ち着かせます。ウツ気分を緩和して気分高揚作用もあり ます。

お肌(スキンケア)の効能

収れん効果があり、お肌を引締めます。特にシミ、しわなど老化肌のケアにおすすめです。

体(ボディ)の効能

抗菌・殺菌・抗ウィルス作用があり、風邪や咳など呼吸器系のケアに効果があります。

主要な成分(データ)

αピネンほか、viridiflorol ビリジフロロール、酢酸ボルニル、βファルネセン、カンフェン、リモネン、ゲラニオール、γカジネンなど

  • 学名:Cistus ladanifer
  • 抽出法:蒸気蒸留法 ※ほか溶剤抽出法のものもあります
  • 抽出部位:葉、小枝、樹脂
  • ノート:ベースノート
  • 原産地:スペイン、フランス、地中海周辺、中東
  • 種類:ハンニチバナ科(常緑樹)
  • 作用項目:強壮、鎮静、自律神経調整、殺菌、収れん、去痰、鎮咳、防腐、通経、抗感染、抗炎、抗うつ、抗ウィルス、免疫

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

クラリセージ、サイプレス、ラベンダー、フランキンセンス、ジュニパー、パイン、ローズ、レモン、シダーウッド、カモミー ル、ゼラニウム、ベルガモット、パチュリー、ネロリ、サンダルウッド

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド