ローズ[rose]の効能

ローズのプロフィール(香り)

ローズローズ(薔薇)は「クレオパトラも愛した」と言われ、多くの女性から絶対的な 支持があります。

ローズの香りは高貴な温かみのあるアンダートーンの甘さとスパイシーでフローラルな香りです。

ローズの種類は多く、高級精油で有名な「ローズオットー」や「ローズ・ダマスク」のほか、「ローズ・クロアチ ア」「ローズ・トルコ」などがあります。
※安価な多品 種ローズブレンド「ローズ・アナトリア」(当店限定商品)発売中!

精神(メンタル)の効能

華やかで優雅な香りは気分が高揚して明るい気分になります。 うつ気分や情緒が不安定な時などにもおすすめです。 抗うつ効 果については、新聞(2018年)に研究結果が報道されています。

※以下、山陽新聞デジタル11月9 日版より引用(要約)
バラの主要な香り成分「フェニルエタノール」に抗うつ効果があることを、川崎医療福祉大医療技術学部研究グループが突き 止めた。 フェニルエタノールを吸わせたマウスはストレス環境下でうつのような状態になりにくいことを確認。 精神疾患の新薬や治療法の開発につながる 成果として期待される。

これまでにもバラの香りが人間のストレスホルモンの分泌を抑える働きを示す研究成果が報告されているが、どの成分が作用して いるかは 明らかになっていないため、グループは香水や化粧品などに使われるフェニルエタノールに着目し効果を確かめた。

実験では、密閉空間で15分間フェニルエタノールを吸わせたマウスと、何もしていないマウスのしっぽをそれぞれテープで固定 し、逆さづりのような状態に して10分間放置。うつ傾向を示す行動で、あがくのをやめて動かなくなる「無動時間」の長さを調べた。

10匹ずつ計20匹を比較したところ、通常のマウスは動かなくなる時間が平均して約8分間あったのに対し、フェニルエタノー ルを吸わせたマウスは2分〜1 分半短かった。グループは「フェニルエタノールがストレスを緩和させ、抗うつ作用を発揮することを示した実験結果」と分析している。

研究成果は8日、仏科学雑誌電子版に掲載。(ここまで)

お肌(スキンケア)の効能

老化肌にうるおいと活力を与える効果が大きい事がよく知られ、香水や化粧品など美容に昔から利用されています。 また、乾燥 肌、敏感肌など脂質 を選ばないので、どなたでもご利用できます。 お肌を引き締め、みずみずしいお肌になります。

体(ボディ)の効能

ホルモンバランスを整える作用があり心身ともに女性特有の重苦しいときや頭痛などに効果があります。 また、気分高揚作用が ありますので不感症などを改善しセクシー気分に誘います。

主要な成分(データ)

Citronellol(シトロネロール)、Geraniol(ゲラニオール)、Phenyl ethanol(フェニルエタノール)を多く含有。ほかGeranyl acetate(酢酸ゲラニル)、Linalool(リナロール)など。

  • 学名:Rosa damascena(ローズ・ダマスク)
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:花
  • ノート:ミドルノート
  • 原産地:ブルガリア、トルコ
  • 種類:バラ科
  • 作用項目:催淫、鎮静、抗うつ、お肌の収れん、強壮、消炎

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ラベンダー、ベルガモット、ゼラニウム、ジャスミン、パチュリー、クラリセージ、カモミール・ローマン、フランキンセンス、 ネロリ、メリッサ、パルマローザ、ローズウッド、サンダルウッド、イランイラン

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド