ウィンターグリーン[wintergreen]の効能

ウィンターグリーンのプロフィール(香り)

ウィンターグリーンウィンターグリーンは北米産の常緑樹で「ヒメコウジ」とも呼ば れています。 北米の先住民の間では数百年前から薬草として利用されていました。

ウィンターグリーンの香りは強く、鋭いメントール系の香りです。〜ミントの香りにも似ています。

精神(メンタル)の効能

クリアでシャープな香りは、疲れた心に元気を与えてくれます。

お肌(スキンケア)の効能

特にありません。

体(ボディ)の効能

鎮痛作用や血行促進効果があり、関節痛、筋肉痛や肩こりなどをやわらげます。

主要な成分(データ)

Methyl salicylate(サリチル酸メチル)を98%前後含有した強いメントール系の香りが特徴です。 ウィンターグリーンはスイートバーチと化学組成と香 りが似通っています。

  • 学名:Gaultheria procumbens
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:葉
  • ノート:ミドルノート〜トップノート
  • 原産地:ネパール
  • 種類:ツツジ科
  • 作用項目:刺激、鎮痛、血行促進

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ラベンダー、マジョラム、イランイラン、ペパーミント、バニラ、バーチ

注意事項

毒性がありますので使用には注意。 妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド