セント・ジョーンズ・ワート[s.t.johns_wort]の効能

セントジョーンズワートのプロフィール(香り)

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは「オトギリソウ」の仲間で染料にも利用されています。

セントジョーンズワートの香りはスイートで緑っぽさのあるフローラルな香りです。

精神(メンタル)の効能

仕事やストレスからの緊張をやわらげ気分を高めて前向きな気持になります。

お肌(スキンケア)の効能

お肌の収れん効果があります。 ニキビや頭皮のケアにも利用されています。

体(ボディ)の効能

筋肉痛や頭痛をやわらげます。 生理的不快感の緩和。

主要な成分(データ)

Sesquiterpenes(セスキテルペン)、Caryophyllene(カリオフィレン)、Germacrene (ゲルマクレン)、Alkanes(アルカン)などを含有しています。

  • 学名:Hypericum perforatum
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:花頭(開花)
  • ノート:ミドルノート
  • 原産地:ブルガリア、エジプト、フランス
  • 種類:オトギリソウ科(多年生草本)
  • 作用項目:抗菌、防腐、お葉の収れん、抗炎

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

特にありません。

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド