イリス(アイリス) [Iris]の効能

イリス(アイリス)のプロフィール(香り)

イリスイリス(アイリス)は鮮やかな紫色の花を付けるアヤメ科の花で種類も豊富で す。 根の乾燥に長い年月が必要なため希少で高価な精油です。

イリス(アイリス)の香りはスイートでエレガントなハーバル調の香りです。

イリス(アイリス)はおもに香料として利用され、「アイリスバター」の名前で有名な香水のほか化粧品の香り付けやアロマスプ レー、キャンドル、入浴 剤、ポプリなど巾広く利用されています。

アイリスは中東からヨーロッパ、北アフリカの河川などに広く自生しています。 「イリス)」の名称は古代ギリシャの女神 「Irida (イリダ)」に由来しています。

精神(メンタル)の効能

創造力、インスピレーションを高めます。うつ気分やストレス・緊張をやわらげます。

お肌(スキンケア)の効能

美白効果があります。マッサージオイルにも利用されています。

体(ボディ)の効能

呼吸器系の緩和作用があります。ほか胃腸の改善など。

主要な成分(データ)

Irones(イロン)を多く含ます。ほかイオリン、アセトバニンなど

  • 学名:Iris pallida、Iris germanica、Iris florentina
  • 抽出法:溶剤抽出法
  • 抽出部位:根
  • ノート:ミドル&ベースノート
  • 原産地:モロッコ、エジプト、イタリア
  • 種類:多年生(アヤメ科)
  • 作用項目:抗うつ、浄化、解毒、去痰

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ベルガモット、ローズ、ジャスミン、ネロリ、バイオレット、ラベンダー、イランイラン、クミン

注意事項

刺激が強いので妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド