チリ・シード[chilli_seed]の効能

チリシードのプロフィール(香り)

チリシードチリシードは食卓でお馴染みの唐辛子の種子から抽出される精油 でホットで刺激的な香りがします。

「唐辛子」はコロンブスの発見によってヨーロッパに広まった古い歴史があります。

精神(メンタル)の効能

特にありません。

お肌(スキンケア)の効能

血行促進作用があり、頭皮のケアのほか化粧品、マッサージオイル、香水などに利用されています。

体(ボディ)の効能

抗炎・鎮静作用があり伝統的に使われてきました。 石鹸ほかお香やキャンドルなどにも利用されています。

主要な成分(データ)

Capsaicin(カプサイシン)ほかレシチンやビタミンC、フラボノイドなどを含有しています。

  • 学名:Capsicum annum
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:種
  • ノート:ベースノート
  • 原産地:インド、チリ、エチオピア
  • 種類:トプガラシ属
  • 作用項目:刺激、抗炎、鎮静、血行促進、鎮痛

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

※ほかの精油とのブレンドには向きません。

注意事項

スキンケアでの利用は炎症を引き起こす可能性があります。 妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド