チャンパカ(金香木) [Champaca]の効能

チャンパカのプロフィール(香り)

チャンパカチャンパカはインドネシアなど東南アジアからインドにかけて亜熱帯に 自生しているモクレン科の常緑樹です。 別名「チャンパ」「フランジパニ(プルメリア)」とも呼ばれています。 和名:金香木

チャンパカはスイートでフローラルなエキゾチック感も漂う優雅な香りです。

古くから解熱など薬用として伝統的に利用されてきました。 今では高級な香水のほか石けん、マッサージオイルなどに広く利用 されています。

精神(メンタル)の効能

ストレス、緊張、疲労感をやわらげてくれます。また、ウツ気分を改善します。 催淫作用があり媚薬としても知られています。

お肌(スキンケア)の効能

お肌の収れん作用があり、ニキビやシミなどの改善に効果があります。 また、傷跡などのケアにも効果があります。皮膚を柔軟 にします。

体(ボディ)の効能

風邪など解熱効果があります。

主要な成分(データ)

リナロールとフェネチル・アルコールを多く含み、ほか酢酸ベンジル、ネロリドール、オイゲノールなど

  • 学名:Michelia champaca
  • 抽出法:溶剤抽出法
  • 抽出部位:花
  • ノート:ミドルノート(またはトップノート)
  • 原産地:インド、インドネシア、フィリピン
  • 種類:モクレン科(常緑高木)
  • 作用項目:収れん、解熱、強壮、抗うつ、催淫

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ローズ、ジャスミン、ネロリ、イランイラン、サンダルウッド、カーネーション

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド