月桂樹[bay] 西インドの効能

月桂樹のプロフィール(香り)

月桂樹月桂樹の光沢のある葉は料理の香り付けでもお馴染みで、高さ10mほ どにも成長する常緑樹です。

スイートでフレッシュ、スパイシーな香りです。

月桂樹の種類には、ほかに「月桂樹ローレル」があります。

精神(メンタル)の効能

鎮静効果があり、心を落ち着かせます。

お肌(スキンケア)の効能

特にありません。

体(ボディ)の効能

筋肉痛の緩和で知られています。 ほか防腐作用があり消化器系の不調緩和に効果があります。

主要な成分(データ)

Cineole(シネロール)を40%程度と多く含有しています。 ほかPinene(ピネン)、Linalool(リナ ロール)など

  • 学名:Pimenta racemosa
  • 抽出法:蒸気蒸留法
  • 抽出部位:葉
  • ノート:トップノート
  • 原産地:モロッコ、スペイン、西インド諸島、ベネズエラ
  • 種類:常緑樹(クスノキ科)
  • 作用項目:防腐、抗菌、鎮痛、お肌の収れん、鎮静、殺虫、発汗

ブレンド相性のよいアロマオイル(精油)

ベルガモット、ユーカリ、フェンネル、オレンジ、ジンジャー、ローズマリー、パチュリー、イランイラン、シダーウッド

注意事項

妊娠中の方は避けてください。

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)全般の注意
アロマオイルは成分が濃縮されており、原液を素肌に利用、飲用、 食用はできません。 文中の食用例はあくまで生やドライの植物を利用したものです。 スキンケア例はキャリアオイル等を主成分とした大幅に 希釈したものを使用します。 上記は国内外で広く言われている事をご紹介しています。 薬事法上の病例の効能を断定するものではありません。

アロマオイルショップのお買い物ガイド